FC2ブログ

眠り猫の旅日記

かつて訪れた思い出深いインド、カンボジア、バリ島、タイなどの旅行記をまとめてみました。日本国内編もあり。
カンボジア あとがき
カンボジア、またいつか訪れたい国のひとつ。
遺跡が素晴らしいのはもちろんのこと、クメール人の温厚な人柄も魅力。

そして、どこにいっても観光地にはつきもののガイドだが、そのレヴェルの高さに驚かされた(個人的な印象として…)。例えばアンコール・トムにて、現地ガイドの女性を連れた日本人のグループに出くわしたのだが、耳を澄まして聞いてみると、その日本語の素晴らしさに感心してしまった。

決まりきった解説を丸暗記しているのであれば、それほど驚かなかったかもしれないが、日本人観光客から飛ぶ数々の質問に対する明快な応答、場と状況にあった適切な単語の選び方、敬語の使い方、どれをとっても素晴らしい日本語だった。また日本語以外には、英語はもちろんのこと、フランス語、スペイン語、ポルトガル語など、様々な国の現地ガイドが活躍している。

彼らのように才能を生かして活躍しているクメール人を見かけると、カンボジアの未来に対する“頼もしさ”を強く感じる。

しかしながら、途上国の中でも、発展が進んでリッチなタイに比べると、まだまだ貧困の影が強く残るカンボジア。地雷もあちこちに残っている。地雷の被害にあって手足を失った人々、あるいは手術でわざと手足を切り取った人々が、ぼろ布をまとい、わずかな小銭を求めて道ばたに座り込んでいる。さらにひどいのは、貧困に苦しむあまり、子供たちが人身売買でタイに売られていくこと。タイ人ブローカーにいいように言いくるめられた親たちは、単なる“出稼ぎ”と信じ、子供の帰りを待ち続けるが、一度カンボジアを離れた子供たちは、二度と帰ることはない。

ちなみに、私達がシアムリアプに滞在している最中にこんなことがあった。観光で訪れたタイ人のグループが、日本車の4WDを見せびらかすように乗り回し、わざととのろのろ運転をして地元タクシードライバーを挑発していた。また反対に、タイ人の高圧的な態度に耐えかねてタイ人経営のホテル(私達が滞在していたホテルの近く)がクメール人に襲撃されて焼き払われたりと、本当に仲が悪い。

近隣諸国との関係は、複雑に絡み合い、かなり深刻な問題を数多く抱えている…。
スポンサーサイト



Sihanoukville の夕日
Cam-84.jpg



Cam-85.jpg




Cam-89.jpg

カンボジア紀行録は、これでおしまい。
次回はインド紀行録となります。
Sihanoukville beach
首都Phnom Pehn(プノンペン)から再びバスで移動。
4時間程の道のりでSihanoukville(シアヌークヴィル)に到着。
Sihanoukvilleは本来は漁村なのだが、白い砂浜のビーチが広がり、観光客が集まるところでもある。

Cam-83.jpg

私達が滞在したバンガロー。
モスキートネット付きのベッドがあるだけの部屋。
もちろんお湯は出ないので、水シャワーのみ。


早速すぐ近くのビーチに足を伸ばして、日光浴をしていると…。

Cam-86.jpg

“売り子”のターゲットになってしまった(笑)。

Cam-87.jpg

別にお腹がすいているわけでもないので「後でね…。」と言うと、本当に“後で”やってくる。仕方がないので、パイナップルを食べるはめに…。まあ、美味しいんだけどね。その場ですぐ切り分けてくれる女の子。


Cam-88.jpg

商売上手だねえ(笑)。
マーケットにて…
Cam-82.jpg

ふと発見したこの色鮮やかなふわふわしたものたち…。


Cam-81.jpg

実は“ひよこ”。ぴよぴよ鳴いておいります。
しかし、なぜ?! カラーリングする必要があるんでしょうねえ…。
ゲテモノ 2
シアムリアプでの10日程の滞在を終え、バスで9時間かけてプノンペンへ。
かなり使いこなされてあちこちギシギシいっているバス。道もかなり悪く、道路の真ん中に直径1メートル程の穴がぼこっと空いていたりする。「夜は車では走りたくないな…。」と内心思う。

道中何カ所か休憩地点があり、バスから降りると、飲み物やら食べ物やらお土産やらの売り子たちが群がる。その子供たちの中の一人におもしろいものを売っている少女がいた。


Cam-78.jpg

「ちょっとそこのお嬢ちゃん、そのお皿の上のものは何?」


Cam-79.jpg

答え:巨大クモの唐揚げ。

ひぇーっと退く私に対して、隣にいたカンボジア人の若い女性は、嬉しそうに買い求めていた。地元民にとってはなかなかの珍味らしい…。


Cam-80.jpg

売り子の少年少女たち。
ゲテモノ 1
Cam-76.jpg

質問:夜の街頭で、この怪し気なお姉さんたちが売っているものは何でしょう???しかも、左のお姉さん、何気につまみ食いしてるし…。



Cam-77.jpg

答え:ヘビの唐揚げ。

その他、各種サイズのゴキブリの唐揚げ。
大きなものでは全長10センチ級のゴキブリも…。
マーケット散策
Cam-75.jpg

室内マーケットの中はこんな風に細い路地が入り組んでいる。


Cam-72.jpg

彩りのよい綺麗な野菜や果物が所狭しと並んでいる。


Cam-73.jpg

ローカル向けのマーケットなので、売り子さんたちは英語を話さない。
値段交渉はなかなか難しい。が、計算機を使って黙々と交渉。


Cam-74.jpg

干し魚。なんだか、とてもシュールだ…。
人力車からの眺め…
Cam-71.jpg

車と違って、自転車の速度でゆっくりと通り過ぎると、いつも見ていたはずの景色の中に、いつもと違う新たな発見をしたりする。

タイなんかだと、スクーター形式の人力車“トゥクトゥク”が主流だが、カンボジアでは、まだまだ自転車でがんばっている若者も多い。
カンボジアの養蚕業 - Silk farm -
これなーんだ???

Cam-62.jpg



Cam-63.jpg

答え:蚕(カイコ)の繭
このわさわさしているのが何ともきもい。

母親の実家が養蚕業をしていたことがある。(今では中国産などのシルクが安く手に入るので、日本の養蚕文化は廃れてしまったらしい。)母の話によると、蚕は幼虫時代、ひたすら桑の葉を食べ続けているそうなのだが、その音は、まるで春雨が降る時のような「さらさら」とした軽やかな響きなのだという。

そして、蚕は「蚕さん」と呼ばれ、人間よりも丁重に扱われていたらしい。養蚕の時期は、座敷はこの“蚕さん”に明け渡され、人間は縁側や土間で寝泊まりしていたのだそう。

カンボジアでは、養蚕業は今でも大切な収入資源。

Cam-64.jpg

“繭”さえとれれば、あとはお払い箱の“蚕さん”。
なんかちょっと可哀相な気もする。


Cam-65.jpg

大きな釜で湯がきながら、糸に紡いでいく。

Cam-67.jpg


Cam-69.jpg

自転車の“車輪”も使い方次第。

Cam-66.jpg

綺麗に染め抜かれた絹糸。

Cam-68.jpg



Cam-70.jpg

できた絹糸で絹織物を編む。
Apsaraの微笑
以下はすべて、Angkor Wat(アンコール・ワット)限定で撮影したApsara像(アプサラ)。他にも写真に載せきらない程の数があちこちに彫刻されている。そして、それぞれ異なる雰囲気、微笑をたたえている。

Cam-60.jpg

中でも、私の一番のお気に入りはこちらのアプサラ。


Cam-55.jpg




Cam-56.jpg



Cam-57.jpg




Cam-58.jpg



Cam-59.jpg

[Apsaraの微笑]の続きを読む
Designed by aykm.